20代に入って、急に髪の毛が薄くなってきたな・・・
薄毛のまま過ごしていてもみっともないから、ウィッグでも使って隠そう・・・
このように考える女性の方も多いのではないでしょうか。
しかしウィッグは、一時的に薄毛を隠すことはできますが、薄毛の改善にはなっていません。

 

使いたくなるウィッグ

髪の毛が薄くなってきて、まず一番に考えつくのは隠すことです。男性ではカツラですが、女性の場合はウィッグですね。女性の薄毛の特徴は、髪の毛が全体的に薄くなってきたり、分け目の部分からじわじわ薄くなってくるといった特徴があります。

 

このような薄くなった部分にウィッグを乗せると、確かに薄毛が目立たなくなります。しかし20代のうちからウィッグを使っても、薄毛の帰りにならないどころか、さらに髪の毛を減らしてしまうという弊害まであるのです。

 

薄毛の効果はなし

ウィッグをつけることによって、頭皮の状態が悪くなります。頭皮の血行が悪くなってしまうので、髪の毛に栄養が行き渡らなくなります。しかも頭皮からは、皮脂が分泌されているのが普通です。ウィッグ使うことによって、頭皮が不衛生になってしまいます。血行が悪くなった上に不衛生になってしまえば、薄毛の進行はさらに進んでしまいます。

 

ウィッグの場合には、頭に留め金をつける必要があります。その留め金の部分がはげてしまうので、さらに格好が悪くなってしまいます。値段も安いものではないので、あまり買い換えることもできません。薄毛でウィッグを使っているという精神的な負担もかかるので、精神的なストレスでさらに、薄毛が進行してしまうこともあります。

 

薄毛の原因を知ることが大事

ウィッグを使っても薄毛の改善にはなりません。20代で髪の毛が薄くなってきたら大変なショックなのはわかります。隠したからといって解決するわけでもありません。20代で薄毛になってしまうのは、明らかに生活に問題がある証拠です。普段から栄養のバランスを意識した食事をしているのか、乱れた生活リズムを送っていないか、品質の低いシャンプーや、カラーリングなどで髪の毛をいじめていないかなど、改善できる部分はいくらでもあります。

 

20代の女性で薄毛になってしまった方は、ウィッグを使って隠そうとするのはやめて、本当にまともな生活習慣を知るのかどうか、チェックすることが大事です。ウィッグを使っても本当の薄毛の改善にはなりません。むしろ生活習慣の方に問題がある方が多いです。地道に生活習慣を改善しながら、薄毛を改善させていきましょう。